2016.10.05 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.03.31 Tuesday

かな入力のマイナーぶりを改めて思い知る

印刷版の刊行を停止して総デジタル化すると話題の週刊アスキーで先週公開されたアンケート調査結果が、私にトドメを刺しに来ている。


キーボード入力でローマ字入力とJISかな入力のどちらを利用しているか調べたら、93.1%が“ローマ字”で、“JISかな”は5.1%とのこと。

てやんでい!こちとらかな入力でい!
というか、今はかな入力って20人にひとりレベルでマイナーな存在なのか。そりゃ、仕事先とかで「丸子さん、かな入力なんですか? ぷw」と言われるわけだ。

それに加えて気になったのが下記の部分。

 
 

 '90年頃の日本語ワープロユーザーは、それまでタイプライターやPCを使ったことのないオヤジたちが多かった。その結果、刻印されているとおりに“かな”でポチリポチリとやっていたわけだ。同じように素直な10代の子供たちはJISかなで始めてしまう。逆に、JISかなで始めた10代は、20代になるまでに“ローマ字”に宗旨替えをしている可能性があるということだ。仮説としてだが“大人になる”とローマ字になるらしい。

 

?
'90年頃にパソコンとワープロ使っていたけどウチとパターン違うやん……。
我が家では父がパソコンを買って来まして、で、当時14歳だった私の前で実演したんですよ。

「日本語の入力はな、こうやってローマ字で入力するんだ(ドヤァ」

まあ、父は会社でも使っていたので、ローマ字入力が当たり前と思っていたんでしょうけど、当時反抗期だった私は「かなをわざわざ2文字タイプして入力ってバカじゃね? キーボードにかなが刻印してあるんだし、かな入力の方が分かりやすくて楽だよね」と。
以来、ずっとかな入力。

遠藤諭氏の仮説としては、親のかな入力を真似した子供も大人になるとローマ字入力に宗旨替え、とあるんですが、これは多分、大学や職場でほとんどの人がローマ字入力を行なっているのを見て自分が間違っていたのか、と感じるのかもしれません。

では、私の大学時代と卒業直後の職場の状況はというと……、まずは大学。
私が在籍していた某大学でパソコンを触ったのが1回だけ。しかも、通学しているキャンパスには生徒が使えるパソコンがないってんで別のキャンパスに行って、やったのがDOSの起動だけだった気が。

でもって、就職した某デジタル系出版社はというと、ここが意外にかな入力ユーザーが多くてですね、「ローマ字入力に治す必要ないんじゃ」と思ってしまって現在に至ります。

今まで仕事や趣味でパソコンを使っていてかな入力で困ったことはというと
・出先で急にパソコンを使う場合、入力モードの設定で悩む
でしょうか。大体の方がローマ字入力なので、IMEで切り替えしないといけないのですが、普段そうそう変更するものではないので切り替え方法を忘れてうろたえること多々。また、使った後にローマ字に戻すの忘れて、元のユーザーに怒られるとかね。

あと、もうひとつ昔、困ったのは
タッチタイピング系ゲームが苦手
一時期、流行っていたタイプの速さと正確さを競うタッチタイピングゲームはほとんどがローマ字しか対応していないので、かな入力組は非常に不利。一度、記事の企画として編集部内で誰が一番タイプが速いのか、というのをやったところ、ビリに近い結果で「かな入力なら……ぐぬぬ」と。

先の週アスの記事では、ACCN氏は“かな刻印なし日本語キーボード標準化委員会”の設立を企てているそうですが、こちらは“かな刻印なし日本語キーボードにかなを書き加えたる連盟”を設立しようかと考える今日この頃です。


-----
2015.03.25 Wednesday

IT系ライター、迷惑電話の設定を間違える

午後に某社の方から「後で電話していいですか?」とメールが来たので、「律儀な方だなあ」と思いつつ、「今日はずっと家で仕事していますので、いつでも大丈夫ですよ」と返事したら、30分後、「何度電話しても『おかけになった電話番号は現在通話できません』になってしまうのですが」とメールが。

もしや……と思ったら、どうも迷惑電話サービスの設定らしい。

先日、謎のフリーダイアルから電話が来て、思い当たる所がなかったので応答せずに番号を検索したところ、大阪の怪しげな不動産会社だったので着信拒否しようと番号を登録しようと思ったわけだ。

で、ドコモの場合、「迷惑電話ストップサービス」の「着信番号拒否登録」という項目があって、それが最後にかかってきた電話を拒否するとあったので、それを使ったんだけどね……。

「ドコモ使えねぇ」と思いつつ、再度、設定アプリを確認したら拒否するのは「最後にかかってきた電話番号」ではなく、「最後に応答した電話番号」と記載されていて。

つまり、大阪の怪しい会社からの電話の前にかかってきた某社の電話番号を拒否していた、と。IT系にあるまじきトホホな失敗。

使えないのはドコモじゃなくて自分自身だろ、ととりあえずセルフツッコミ。

iPhoneはiOS7以降、迷惑電話の設定がすごく簡単になっているので、ドコモの方のスマートフォン、次はiPhoneにしようかと。


-----
2015.02.18 Wednesday

ライターはiPhoneの「ボイスメモ」を使うべきと今さながら気づく

iPhoneに「ボイスメモ」というレコーダー機能があるのはご存知の方も多いかと思います。

 

f:id:maru_note:20150218204617p:plain

 



私も以前、使い方の記事を書きました。

 



「データをiTunesやパソコンで使えるのは便利だよね」と思っていて、取材や発表会の際にはICレコーダーを回しつつ、万が一のためにボイスメモでも録音していたんですが。


先日、インタビューの仕事の時に、ICレコーダーの調子が悪かったのでボイスメモの方を再生してみたら……。

音質、めっちゃクリアやん。

ICレコーダーだと話し声の他に周囲の物音や振動音が入りがちなのですが、iPhoneの「ボイスメモ」はほぼインタビュー時の話し声のみ。しかも声がハッキリ。内蔵マイクの指向性高いからか。

どうして今まで気づかなかったんだろうか?

聞きづらい音声で何度も巻き戻しして再生する必要がないので、インタビューのテープ起こしも比較的スムーズ。

ただし、インタビューや議事録用に会議を録音して再生したい場合、「ボイスメモ」のアプリ上から好きなように再生や巻き戻しといった操作がしづらいのが難点。

 

f:id:maru_note:20150218204618p:plain

 



「編集」画面ならタイムラインをフリックすることで、巻き戻しや早送りができるのですが、こちらは間違えて録音ボタンをタップしてしまうリスクも。

 

f:id:maru_note:20150218204616p:plain

 




再生方法をどうするか解決して、単一指向性のあるマイクを購入して装着すれば、ライターの悩みどころのテープお越しの負担も少なくなるのでは。

あたしゃ、何で今まで気づかなかったのか。


-----
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Profile
丸子かおり
●プロフィール
●お問い合わせ
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
PR
Search this site.
Mobile
qrcode